(2016年2月に重要情報を加筆いたしました。記事内赤字部分ご覧下さい。)

 

こんにちは。yoriです。

 

各自治体で、来年4月の保育園への申し込み締切が迫ってきましたね。

 

いろいろな情報サイトで、保活の話題が盛り上がっていますが、

yorimichiでは、個人的経験に基づいたちょっとしたポイントのようなものを、

みなさんと共有できたらと思います♪

 

実は私、一度保活に失敗しています・・・。(とほほ)

というのも、最初に入った園でトラブル(※1)があり、すぐに他区の園(※2)にうつっているんです。

(※1 具体的に何か事件があった訳ではないのですが、色々な面で疑問を感じることがあり・・・)

(※2 自分の地域は激戦区で入れず、越境して電車通園しています)

育休明けて、復帰してからの再保活は、中々ハードなものがありました。

 

そもそも、激戦区での保活を経験された皆さんなら、

入れるだけで御の字!選んでなんかいられないよ〜!

と思われることでしょう。

これには私も完全同意です。

とはいえ、子どもが一日の大半を過ごす大事な場所でもあるんですよね・・・。

転園してみて、あまりにも前の園とは子どもへの接し方が違うので、

本当によかった・・・と胸をなで下ろしていたりもします。

 

こんな経験をもとに、これから保育園を申し込む!という皆さんに、

見学時におさえたいポイントを3つだけご紹介しようと思います。

 

♯1 見学者への園の対応

hoikuen

急な訪問ではさすがに園の方でも困ってしまうかもしれないので、

予約していく場合がほとんどだと思いますが、

明らかに迷惑そうな対応をされたり、園児がいる時間帯はNGと言われたり、園内の一部しか見せてくれない園に出会うことがあります。

こんな場合は、ちょっと気をつけた方が良さそうです。

園児がいる時間に、ちゃんと園内すみずみまで快く見せてくれる園は、

 

1)そもそも案内する人手が足りている。

2)見せられる自信がある。

 

と考えられます。

♯2 衛生管理

4ab6df04122e10e3352cf37ba87d5052_s

信頼できる保育園は、衛生管理が必ずしっかりしてします。

<キッチン><トイレ>などを見れば、その違いがすぐわかります。

キッチンは、衛生上中まで入ることは難しいので、外からになりますが、

トイレは普通は中まで見せてもらえるものだと思うので、清掃のされ方をチェックしましょう。

 

これまた、衛生管理が行き届いている場合は、

人が足りていて、保育士さんにも余裕があるという指標につながります。

 

以前の園では、後日トイレを見せてもらったところ、(そもそもちらっとしか見せてもらえなかった)

年季が入っているのか何なのか、「あちゃー・・・」という状況でした。

今通っている保育園は、築40年くらいになりますが、いつ見てもピッカピカです!

 

♯3 ご飯の内容

lunch
通常、保育園では、献立表というものがあります。

見学に行った際は、献立表を必ずもらうことをオススメします。

その献立が、あまりにシンプルなものだったら要注意かも。

コストカットのために、ご飯の内容を削っている可能性があります・・・!

しっかりした保育園では、食材の他に、取れる栄養素が書いてあったり

品数も多くて、パッと見ただけでバランスの良い献立になっています。

0歳の離乳食だから、こんなものか・・・と納得してしまわずに、

他の園の献立と比較してみるのもいいかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

まとめると、重要なポイントは、

人手が足りていて余裕がある><大事なところでコストカットしていない

という点だと思います。

 

と言っても、どれか一項目がダメならダメ、という訳ではなくて、

全体の雰囲気も鑑みて、どうかという所だと思います。

(この判断、難しいんですけどね。)

 

どの園であっても、先生たちはほんとーーーーーに体力勝負の厳しい仕事を一生懸命してくださっていて、

私たちは心から感謝しなくては、と思いますが、

一方で、

施設の増設に、人員の方が足りていなかったり、

経営者と保育者の間で確執があったり、

保護者からの要求を叶えすぎて、コストが回らなくなっていたり、

どうしても、わが子を預けるのにためらってしまう”状況”の園があるのも確かだと思います。

 

よくmichiとも話す事なんですが、

本当に知りたい大事な情報、特に保育園の客観的な口コミは、ネットでは探せません。(がーん!)

 

なんでだろ?と思うんですけど、

保育園って、すごく狭い地域の狭いコミュニティーだから、何か書いたらバレてしまうんですよね。

あっあのお母さんだなとか。

だから、聞こえのいい口コミしか、ネットには上がってこないのかなと。

 

そして、激戦区で選択肢が少ない場合、そもそも選べないと思い込んでしまって、

申し込もうとしている園が、良い園だと信じたくなってしまうんですよね。

 

でも、どうしても疑問を感じる場合は、自分の直感に従って、

通勤路線や会社付近までエリアを広げてみる、などの選択肢もアリだと思います。

なお、見学だけではよくわからない場合は、地域交流センターなどで、他のお母さんに話を聞いてみるのもオススメです。

 

※以前の記事で、一時保育に数日預けてみるのもオススメと書きましたが、一時保育は実は事故が多いそうです。なので、不安に思った園には一時保育であっても預けない方が良さそうです。

※保育園の評判が心配な時は、役所に具体的に園名を出して、苦情の有無や内容を問い合わせてみるのも有効です!具体的に質問すれば、情報開示してくれる場合が多いそうです。(2016年2月加筆)

 

そして、たとえ育休中でも子どもを抱えての保活は中々進まないので、

夫婦で分担して動けたらいいですよね。

 

ちなみにyoriとmichiは、それぞれ事情あり、今年も保活します笑

 

みなさん一緒に頑張りましょう〜!