こんにちは、ARIです。

だんだんと寒さを感じる季節なってきましたが、
子どもたちはそんなのお構いなし!
毎日元気いっぱいです。

そんなわけで、本格的に寒くなる前に、
週末には秋のピクニックを楽しみたいなとも思っています。

 

ピクニックといえば“お弁当”!

“お弁当”といえば!

“手作り”?うーん。。。

お弁当と言うと少し身構えてしまうママたちも多いのではないでしょうか。

月曜日から金曜日まで育児も仕事も頑張って、もうクタクタ。
そんな状態で週末に早起きしてお弁当づくり、ちょっと大変ですよね。

そこで今回は、ピクニックの朝には早起きせずにほぼ詰めるだけ♪
簡単だけれど子どもから大人まで楽しめる、
ちぎりパンを使ったおいしいお弁当をご紹介しちゃいます。

 

その名も

「ちぎりパン重!」

ピクニック前夜、家事の合間に焼いておいたちぎりパンを重箱に詰めたお弁当です。

 

そもそも「ちぎりパンて何?」という方へ。

 

クックパッドやインスタグラムなどでも常に人気上昇中のちぎりパン。

ちぎりパン_02
プクプクとした可愛らしい形の連続が魅力的で、
多くの人の心をとらえてやみません。

 

そのちぎりパン、ブームの火付け役となった売り切れ続出の本がこちら。

ちぎりパン_03

「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」パン型付き!

 

わたしもちぎりパン信者として購入済みです。

筆者の Backe(ベッカ)晶子さんが紹介するパンの作り方は、
従来の労力や材料費のかかるパン作りのイメージを一新。

作るひとにとって負担がなく手軽に取り組めて、
そして食べる人にとっても体に優しいパンなのです。

 

Backeのパンの特徴を一部抜粋すると、

 

♪ 室温でOK! 25℃で発酵させます

♪叩かないから静か

♪こねやすい配合で失敗なし

♪キッチンも手も汚れない

♪まな板サイズの小スペースで作れる

♪砂糖・バター・卵が少量だから低カロリー

 

 

こんな感じで素人にはとても取っ掛かりやすい内容になっています。

パン生地は、ほんのり甘くてキメが細かく、そしてもっちりかみごたえがあるのが特徴。
一度作って食べてみれば、多くのひとがはまる理由も納得できます。
家事の合間の進め方なども書かれているのもポイント高いです。

ちぎりパン_04

 

他にも、クックパッドなどではホームベーカリーを使った、
さらにお手軽レシピが多数掲載されているので、
もしホームベーカリーを持っているならば、これらも参考に作るのもオススメですよ。

 

ちなみによく参考にさせてもらっているレシピは

クックパッドのゆあなママさんのしっとりあま〜い♡ミルクちぎりパン」。

このレシピを参考に、私もいろんなちぎりパンにトライしています。

ちぎりパン_05 ちぎりパン_06 ちぎりパン_07

ある朝は丸い焼型に入れて焼いたちぎりパンでセルフサンドに♪

ある朝はスクエアの焼型に入れて焼いたちぎりパンでちぎりサンドイッチ。

友人宅への持ち寄りには丸い焼型に入れて焼いた、キャラクターに見立てたちぎりパン♪

 

一旦作り方に慣れてしまえば、いろんなバリエーションが楽しめます。

 

 

ということで紹介が長くなりましたが、

ちぎりパンとは

「Backe晶子さんが提案する、自宅で手軽に焼くことができる、
ほんのり甘いもっちりちぎりパンがベースとなって、今もなお進化しつづけている、
連続してつながったパンのこと」

という感じでしょうか。

 

 

ちぎりパンをお重にすると、メリットがたくさん!

 

さて、本題のちぎりパンのお重です。
家庭で手軽に楽しめるちぎりパンですが、お重にするとこんなメリットがあるんです♪

 

パンは前日に作り置きが可能

ピクニックに行く前の晩、「家事の合間に焼く」という一手間で、
翌朝はサンド用に切れ目を入れて詰めるだけ。
おにぎりをたくさんつくるよりずっと簡単ですよね。

 

おかずに手間がかからない

サンド用の具なので、そんなに作り込む必要がありません。

通常のサンドイッチと同様に考えればわかりやすいですよね。

 

盛り上がる

空腹に任せてひたすら胃につめこみがちなお弁当タイムですが、

ちぎりパン重の場合には具を詰めるという作業の間に

「◯◯と◯◯の組み合わせオススメだよ」

「パパ、◯◯と◯◯を入れたサンドイッチつくって〜」

などの会話が必然的に生まれます!

 

デザートにもなる

お弁当を囲むメンバーによっては、スイーツ好きなひともいればそうでないひともいますよね。わざわざデザートを別に持っていかなくても、具を変えるだけで即席スイーツに早変わり!

 

ちぎりパン重を持って、いざピクニックへ♪

 

先日ari家の親子3人は、友達の誕生日祝いを兼ねて
ちぎりパン重を持ってピクニックへ行ってきました。

DSC_6120

 

 

三段の重箱を余すことなく使った、ちぎりパン重です♪

DSC_6129

具材は、フィッシュフライ&ズッキーニ&ヤングコーン&チーズ

美味しい組み合わせでした。

DSC_6124

ろうそくを立てて、バースデーケーキならぬバースデーちぎりパンに♪

 

 

ちなみに、重箱と焼き型のサイズですが、

重箱の定番サイズ、 6.5寸(内寸で19cmくらい)に、
20センチのスクエアの焼型がピッタリはまりました。

重箱を開けた瞬間のちぎりパンのピッタリフィット感がたまらなく可愛らしいのです。

 

この時は、

ママ2人、幼稚園児2人、1歳児1人で、パンは3、4個分余りました。

パパが入ると確実に足りないので、パンは2段必要になるでしょう

 

暖かい飲み物もお忘れなく♪

 

この時期のピクニック、日中はお日様が照っていて暖かくても、
体を動かしたあとのお弁当タイムは、汗が引くことで体が冷えて、
風邪を引くことになりかねません。そんなときにはホットドリンクで体を温めて♪

ちぎりパン_11

子どもにはコーンポタージュが人気。

大人にはジンジャーシロップを用意して、
ホットにもコールドにも対応できるようにしたら好評でした♪

 

 

秋晴れの空の下で

自分でちぎったパンに

好きな具をサンドして食べる。

時にはそれを交換こ。

ピクニックがとっても楽しくなること間違い無しですよ♪

 

みなさんも暖かい日に、ちぎりパン重を持って公園にゴー!

DSC_6117